陸マイラーを目指すパパはマルーン色の夢を見る

伊丹空港を拠点に立派な陸マイラーを目指す2児のパパの記録

2016年SFC修行ー伊丹ベース中コスト編ー【PP単価ぎりぎり14円未満】

スポンサーリンク

こんばんは。

 
 前回の記事では国内のフライトのみで高効率なSFC修行の計画をお示ししました^^
 大阪京都在住の方でいうと、伊丹空港の方がアクセスいいよ!という人も多いはず。

かくいう私もハンドルネームのとおり、マルーン色の電車が大好きです 笑

この記事では伊丹ベースの中コストSFC修行について考えてみたいと思います。

 
伊丹ベース中コストSFC修行前提条件
 
・国内オンリー 
 
・泊まりはなし 
 
・伊丹ー那覇単純往復 

・PP単価の計算には空港へのアクセスや発着場所での飲食等は含まない 

↑↑ここまでは前回と一緒!↑↑
↓↓ここからはちょっと違うとこ!↓↓
 
・主として『プレミアム株主優待割引運賃』を利用 
 
株主優待券は手っ取り早く金券ショップかヤフオクで入手(@5,000円とする)
 
・休みはだいたいきっちり週2日は取れるしお金やマイルもまぁまぁ余裕があるけど、修行に時間を割けない方向け^^

 
株主優待券の良し悪しについて
 
ANAのサイトを熟読してメリットデメリットはある程度理解したつもりですし、出来たら別記事にしたいですが、端的に述べると以下のとおりだと思います。

○メリット

・搭乗する直前まで予約の変更が無料で可能であり、不確定要素を抱える子持ちマイラーにはありがたい

・どの時間帯で予約を取っても一律の運賃なので、1日に何回も飛びたい修行僧に向いている

○デメリット

・何よりも入手に1枚当たり数千円のコストがかかり、PP単価を悪化させる


子連れマイラーにとっては、株主優待券を使った修行のメリットがデメリットを補って余りありますね!

時間帯を選ばずに料金が均一であることもさることながら、いつでも無料でキャンセル可能なのは本当に助かります。子どもはいつ何どき無理難題を親に押し付けてくるか分かりませんから 笑

デメリットについて、確かに株主優待券の取得費用はPP単価を悪くする方向には働かせます。でもメリットでも述べたように、こちらキャンセル変更が無料です。

前回紹介したプレミアム旅割28で出発ギリギリにキャンセルすると、60%手数料で持っていかれます。往復4万弱なので24,000円失います^^;

11往復のうち2日子どもが病気になったりなんだりするだけで、10万弱が吹っ飛び、PP単価は11円に迫ります。それでも今回示す単価よりはいいですが、精神衛生上いつでもキャンセルOKには代え難いはず。

 
管理人推奨の修行行程
 
前回の記事でも述べたとおり、伊丹那覇往復で得られるプレミアムポイントは

片道2247ポイント×2=4494ポイント

となります。

したがって伊丹ー那覇往復11回+伊丹ー福岡往復が基本です。

どの時間帯に飛ぶのかは、画像をご参照のこと。

f:id:shigakushokuin:20160906231156p:plain


f:id:shigakushokuin:20160906231227p:plain


同一機材で2往復。フライトアテンダントさんに『おかえりなさいませ^^』と言われちゃいますね 笑
 
確認できる11月頭までの土日はだいたい上記の往復が可能ですので、延べ6日は那覇を往復しましょう!
 
 
追加フライトは、コスト重視で前回もご紹介した旅割75で売り出し中の伊丹ー福岡フライトですね。

f:id:shigakushokuin:20160906232407p:plain



頑張って有休とってください!笑
 
 こちらですと片道6900円で430ポイントゲットできます。 
 
 
気になるPP単価は?
 
 
伊丹ー那覇往復行程は、1往復あたり52400円を要します。 

さらに特典航空券が22枚必要ですから、単価5000円として110000円となります。
 
また、帳尻合わせの伊丹ー福岡工程は13800円です。
 
 フライトにかかるコストは 
 
52400円×11+110000円+13800円=700200円 
 
 したがってPP単価は
 
 700200円÷50294ポイント=13.92円/ポイント 
 
 となりました。 
 
前回と比較すると1.6倍PP単価が大きくなったということです。
 

 
修行費用の捻出方法
 
従来の陸マイラー活動者はスカイコインの利用をベースとします。
 
 ANAカード一般またはワイドをお持ちの方は、40000マイル以上交換すると換金率は1.5倍です。

 216000円のソラチカルートをお持ちの方で、2年分以上マイルが口座に保有されているのであれば、即座に修行可能です。

 
 アメックスゴールドカード長者の人は2段構えの費用捻出を行います。
 
 
 おそらく移行済みであろう8万マイルは12万スカイコインと同価値ですので、残り約47万スカイコインが必要です。 
 
ただアメックスポイントは航空券に等価利用可能なので、ポイントフリーダムを利用して支払ってしまえばよいのです☆
 
47万アメックスポイントなど、 アメックスゴールドカード長者にとっては端金ならぬ端ポイント。
 
 47万アメックスポイントは54円動画換算でもわずか235話12690円で得られます。前回同様、驚異的な費用対効果でSFC修行が可能となります!